狙われやすい家の特長

我が家は大丈夫? こんな特徴を持つ住宅は要注意かも

こちらのページでは、「どのような家が侵入者に狙われやすいのか?」その特徴をご紹介しています。一戸建て住宅やマンションには、泥棒などの侵入経路になり得るポイントが数多く存在します。狙われやすいポイントをおさえ、最適な防犯対策を講じておけば、侵入されるリスクを軽減することが可能です。

狙われやすい家の特徴とは?

狙われやすい家の特徴とは?

盗難などの目的で家に侵入しようとする犯罪者の多くは、事前に下見を行っていることがほとんど。そのときに「この家は入りにくい」と思わせることができれば、侵入者を遠ざけることができます。反対に狙われやすい特徴がある家は要注意。以下のようなポイントをチェックしてみましょう。

高い塀・垣根などがあるため、外から中の様子が見えにくい

このような特徴を持つ家の場合、塀や垣根の内側に入ってしまえば侵入者は人目につかなくなり、ガラス破りやピッキングといった作業が楽にできる状態に……。大きな庭木なども目隠しになってしまうため注意しましょう。戸建て住宅だけではなく、マンションでもエントランスが塀や垣根で見えにくくなっているような場合は要注意です。

周囲の人通りが少ない

できるだけ人目につきたくないというのが侵入者の真理。そのため、人通りが少ない場所にある家はターゲットにされやすいと言えるでしょう。家の前は交通量が多くても、裏道は極端に人通りが少ないという場合は特に注意が必要です。住人の防犯意識は家の裏側まで行き届きにくく、対策が薄くなりがちです。

街灯が少ない

建物の周囲に街灯が少ない一戸建て住宅・マンションは、夜になるとあたりが暗くなり、侵入者の姿が人目につきにくくなります。

防犯意識の低さがうかがえる

スムーズに目的を果たしたい侵入者にとって、警備システムや防犯カメラの存在は脅威。何らかの防犯対策を行っている家と、そうではない家なら、多くの侵入者が後者をターゲットとして選ぶでしょう。防犯対策は実際に侵入を阻む効果だけではなく、その存在によって侵入者に犯行を諦めさせる効果も期待できます。

外から見て、無人であることがすぐにわかる

夜間にまったく照明がついていない、単身者用マンションのため住人が出かけるとかならず無人になるなど、外から見て「無人だな」と判断できる家は狙われやすい傾向があります。

施錠が甘い

「ちょっとすぐそこまで……」という外出時に玄関や窓の鍵をかけない家庭は意外と多いようです。特に窓や扉の数が多い一戸建て住宅は、戸締り・施錠が甘くなりがち。日ごろからよく鍵が開いている家だとわかると、侵入者にとって格好の的になってしまいます。また、マンションでは「オートロックだから」と自宅の施錠が甘くなってしまうケースも。オートロックだからと安心するのは危険です。

心当たりがあった方は、早急に防犯対策を!

侵入者に「この家は侵入しやすい」と思わせてはいけません。もし上記の特徴に心当たりがあれば、早急に防犯対策を! 家のどこか1ヵ所だけなど、部分的に対策を講じるだけでもずいぶんと変わってきます。施錠や戸締りの徹底といった日々の習慣に加え、積極的に防犯対策を講じましょう。

防犯意識チェックシート

あなたの防犯レベルはどのくらいでしょうか? 以下で防犯意識を確認してみましょう。防犯対策の必要性が見えてきますよ。

防犯意識度チェック

※表は左右にスクロールして確認することができます。

「MIMAMO」では埼玉県を中心に、一戸建て住宅やマンションの現地調査を丁寧に行い、お客様のご要望やお住いに最適なセキュリティプランをご提案しております。お見積り・現地調査・コンサルティングは無料。1ヵ所のみの防犯対策にも迅速に対応いたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

CLICK!!MIMAMOでは、お客様にとって最適なセキュリティ対策・見守り製品をご提供いたします!まずは無料見積・無料調査依頼など、お気軽にご相談ください